スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゅっちゅモゾモゾ!

なんとなくでゴールドメンバーシップを更新したものの、とうとう一回しかオラタンやらないまま期限切れとかホントもうね。
金もったいなくてハゲる。

でもまぁだいぶ前にオラタンがある程度自分の中で程好い位置に落ち着いた、
言ってしまえば折り合いがついてしまい、もう熱い気持ちでプレイすることが無いと悟った時点で間違いなくそこが引き際。
残念ながら、いらく君の言葉を借りたところで言う『酒の肴』にすらならない。
そりゃそんなんでテムジンに負けたらそりゃもう僕としては無言で梅酒飲むしか無いじゃないですか。

まぁ僕の話はいいや。
そんな状態でありながらも知人の対戦をスポーツ観戦に近いようなスタンスで見るのは好きなんですけども。
やっぱ強いヤツってのはこう……ぱっと見なんでもない行動なのにぐっと来るもの、を持ってますね。
なんていうのかな、見てるだけで酒が旨くなる、というのか。
僕にとってそれはやはり司さんの横ダッシュだったり、
いらく君のバルカンジャンプだったり、
カムイさんの歩きトンファーだったりと色々。

人の強さを一言で語るのはあまりに難しいけれど、
強さの根本を成す一行動、ってのがどうしてもあるんですね。
隠しきれないオリジナリティ、みたいな。
誰と誰の対戦なのかわからないまま動画見始めたけど、その行動見たら誰かわかってしまう感覚。

いや大袈裟な話なんですが、すごいことだと思うんですよね。
これ以上の自己表現なんてそうそう無いんじゃないか、と。
絵画だとか、音楽だとか、芸術の類とはまた違って、ゼロから確立を始めるわけじゃなくて、
あくまで『他人が作ったゲーム』という土俵の中でやってるわけで、キャラの在り方は決まってる。
別にストライカーはレーザー撃ったりしません。
その限定された中で、1アクションであそこまで強烈に個性を放てるってのは凄いことだ、と。
それを思う度に、いつも胸が熱くなるものがあります。

かといって別にオラタンをやりたくなるわけではなかった。

 

ここまで書いといてなんですけどもね、実際そんな観点で動画見る必要がある場合なんてそうそう無いんですけどねw
どちらかと言えば、その行動が何を目的としてるかみたいなことを考察したほうがうp主も喜ぶでしょう。

いいんですよ。
おー、やってんなー
くらいで鼻ほじりながらエロゲ進めてる横でウィンドウ並べて見てりゃいいんです。
それも楽しみ方。

実際んとこ、特定のプレイヤーを見続けなきゃわからない部分はいっぱいあるし、
見てもわかんないことだってある。というかよくあった。
上手い人同士の対戦動画ってついていけない感じってありますよね。
見てて、『お互いの何と何で駆け引きが成立しているかさっぱりわからない』感覚って言うんでしょうか。
もはや何を何でキャンセルしてるのかすらわかんねーよとボヤきたくもなりつつ、
動画見終わったらとりあえず画面に向かって「キモい」とか「君らなんなの?」と呟いてしまう、そんな感じのアレです。
アレがね……大好きなんですよね僕。
先述の1アクションの事とかも含めて、こういうのが僕にオラタンの深さを教えてくれたんですよね。
初心者の頃からね。
そういうついていけない対戦を見て、自分もそっち側に行きたいと思ったのが僕の原点。
はい、いらん知識来ました。

いやはやここまで書いて、なんで僕はましろ色シンフォニーやる時間削ってまでこんなん書いてんだと我に返ったのでこのへんにしときます。
ミクシィじゃオラタンに触れないので、オラタンに関して思ったことはこっちに書いていこう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。